nabeliwonote

ゲームをやりこみたいのである

どうでも良い話なんだけれど、ゲームに対する向き合い方の年齢による変化について考えてみたっていう話をする。

昔は一つのゲームをばかみたいに時間かけてやった。
スーファミとか初代PSとか64くらいのとき。あのときやってたゲームは本当に誰よりも極めてるって自信持てるくらいにはやってた。PS2とかゲームキューブとかWiiとかもまだわりと極めていた。気がする。

ここ最近、PS4とかやり出したくらいから深くやるというよりも浅く広くやっていくみたいなプレイスタイルになっている気がする。
だから一つのゲームを全然極められていなくて、とりあえずストーリーは全部クリアしたから終わりでいっかみたいな、そんな感じ。

変化があるということは何かしら意味があるんだけれど、このゲームのプレイスタイルの変化が一体どういう意味を持つのかはわからなくて、だけどなんかこれは老化と関係する変化の仕方な気がしてならなくて。
こりゃあいかんと、そう思ったわけです。

ということで3/3のゼルダ新作の発売と夏のイカ2の発売以外はしばらくは新規でゲームを買わずに、今手持ちのゲームをやりこんでみようかな、とそう決めてみた。
ただ、今趣味開発でなかなか楽しいプログラミングライフなので、遅々としたペースにはなりそうだけれど、ゆっくり一つずつゲームをやり込んでいこうと思う。

レトロとか新作とか関係なく目についたものからやっていこう。
そんな話でした 🐸